パブロフスク宮殿は、エカチェリーナ2世の息子であるパーヴェル1世と皇后のマリア・フョードロヴナの夏の離宮だった。 第二次世界大戦中、この宮殿はナチスによる略奪に遇った。略奪品は地元のゲシュタポ本部に持ち込まれたが、彼らが撤去した際に焼却処分されてしまった。 冬にこの宮殿に行く最善の方法は馬車やソリだ。