サンクトペテルブルグの歴史は1703527日のこの要塞の建設開始とともに始まったといわれています。ピョートル大帝は当時、対スウェーデンの橋頭堡を作ることを目的として建設を命じたのですが、実際は長い間監獄として使われました。現在は歴史博物館や聖堂が一般へ開放され、夏場などのシーズンは多くの人でにぎわう、市民に愛される場所に変わりました。